バンクイック 審査 時間

選べるの?カードローンの返済方法

カードローンの返済方法は、主に、口座からの引き落としか、カードを使ってATMから返済する方法が一般的です。

引き落としの場合は、カードローンを作った銀行の口座からの引き落としとなります。今は口座を持っていなくても、カードローンを作れるケースが多いので、引き落としで返済を考えるなら、カードを作った銀行に新たに口座を作る必要があります。引き落とし返済日を指定できる銀行もありますから、カードローンの返済を自動引き落としで考えているなら、引き落としの指定日が決まっているのか?選べるか?もカードローン選ぶポイントにすると良いでしょう。口座からの自動支払いだと、残高にさえ気を付けていれば、支払い日を忘れても大丈夫なので、安心の返済方法と言えます。

カードローンを申し込んだ銀行のATMや提携コンビニATMから返済する方法は、自分の都合に合わせて返済が出来るので、とても便利な返済方法だと言えるでしょう。カードローンを契約した銀行が近くにない場合はあるかもしれませんが、今はATMが設置していないコンビニの方が少ない位なので、コンビニでちょっとした買い物のついでに返済が出来るのは本当に便利です。コンビニは殆どが24時間営業なので、時間を気にする必要が無い事も、利点の一つと言えるでしょう。また、「余裕があるから追加返済したい」と考えた時も、銀行窓口からの返済だけでなく、コンビニのATMから出来るなら、ご自身の都合に合った時間に追加返済が出来るので、本当に便利です。

引き落としでの返済でも、ATMでも返済でも、気を付けたいのは、返済日と返済額です。どのカードローンでも返済日を過ぎての返済は延滞となり、自身の信用を傷つける事になります。また、信用情報機関に『延滞○日』と記録が残ってしまいます。これが何度か続くと、利用限度額が減らされたり、今後の融資は受けられくなったりする場合もあります。また、どのカードローンも借入残高により返済額が決まっています。返済額以下の入金では返済は出来ません。

どんなに便利なカードローンでも、借金なのです。必ず元金と利息を支払わなくてはいけません。「自動引き落とし」と「ATMでの返済」、どちらの返済方法を選んでも、早々に完済してした方が多額の利息を払わなくてすむ事に、違いはありません。

バンクイックの繰り上げ返済ってどうするの?

バンクイックの繰り上げ返済は勿論可能です。でも、その前に、バンクイックの返済に関する事を知っておきましょう。

返済方式は2通りあり『残金スライド方式』か『一括返済』となります『残金スライド方式』とは残金スライドリボルビング方式の事で、毎月の〆日の残高を基準として返済の利息と金額を決定し、返済して行く方法です。残高スライド式だと借り入れ金額が少ない程、返済金も少なく済みます。けれど、完済まで時間が掛かかる場合も出てきます。『一括返済』は借り入れた金額と利息を一度に完済する方法です。

返済方法は『ATMを使っての返済』か『自動支払い』の二つがあります。ATMを使って返済する場合は、三菱東京UFJ銀行のATMか提携するコンビニのATMを使って入金する事になります。どちらも手数料は無料です。自動支払いの場合は本人名義の普通預金口座から自動で支払いとなるので、残高に注意しておけば、返済をうっかり忘れると言う事もなく便利です。

バンクイックの返済日は『35日ごとの返済』か『毎月指定日での返済』のどちらかを選べます。『35日ごとの返済』の場合は借り入れをした日の翌日から35日目が返済期日となり、その期日までに入金すると、その入金の翌日から35日目が返済期日となります。注意したいのは追加の借り入れをした時です。例えば、6月1日に初めて5万円を借り入れし、20日に追加で1万円を借り入れしたとしても、5万円に対しての返済期日は7月5日から動かないと言う事です。借り入れした翌日から35日と言うのは追加借り入れをしても動きません。『毎月指定日での返済』の返済法は希望した指定日に返済となります。

さて、繰り上げ返済は、返済方法が『ATMを使っての返済』でも『自動支払い』でも、『ATMを使っての返済』でも『自動支払い』でも、返済日が『35日ごとの返済』でも『毎月指定日での返済』のどの場合でも、返済期日前にATMで追加入金すると繰り上げ返済になると言えます。

バンクイックの返済は最初に利息、そして残りが元本の返済に充てられます。早く返した方が支払う利息も少なるのは当然です。一番安心な返済法は『自動支払い』にして、3.000円でも5.000円でも、余裕が有る時はATMで追加返済をする事と言えるでしょう。

銀行系カードローンは学生でも使えるって本当?

三菱東京UFJ銀行からは『バンクイック』、三井住友銀行からは『モビット』、オリックス銀行からは『オリックスカードローン』、りそな銀行からは『りそなクイックカードローン』等、今は多くの銀行が個人向けの貸付を行っています。最大限度額や金利に多少幅は有りますが、消費者金融系カードローンより、金利が低めに設定されている事が多いのが銀行系カードローンの特徴と言えます。銀行が融資をしてくれるので安心感もありますし、貸金業法で定められた総量規制の対象とはならないのも利点の一つと言えるでしょう。勿論、通常の銀行からの融資を受ける場合と違い、担保も保証人も必要ありません。

学生のうちからキャッシングに手を出すのは出来れば避けたいところですが、学生でも「どうしてもお金が必要!」と言う人も居るでしょう。その時に「消費者金融系だと不安だから、銀行系カードローンを使いたい。」と言う学生は、銀行系カードローンが組めるのでしょうか?

三菱東京UFJ銀行の『バンクイック』の申し込み資格は、①満20歳以上65歳未満、②日本国内に在住する個人、③原則安定した収入がある方、とされています。ですので、満20歳を超えた学生には資格が有る事になります。パートやアルバイトも安定した収入とみなされています。ただ、アルバイトをしていても、学生の上限は10万円と設定されています。10万円までなら毎月の最低返済金額は2.000円なので、アルバイトで収入を沢山得られる時には大目に返済し、試験前など忙しくてなかなかアルバイトが難しい時でも返済に苦労しなくて済むと言えるでしょう。また、上限が10万円と決まっていると言う事は、大きな借金を作ってしまい学生の本分である勉学に差し付ける程、アルバイトに時間を費やす事もないので、かなり良心的と言えるでしょう。

三井住友銀行の『モビット』の申し込み資格は、①満20歳以上65歳以下、②安定した収入がある方、とされています。オリックス銀行の『オリックスカードローン』の申し込み資格は、①20歳から69歳、②安定した収入がある方、とされています。どちらも、パートやアルバイトも安定した収入とみなされています。なので、『モビット』と『オリックスカードローン』は、どちらもアルバイトをしている学生には融資資格があると言えるでしょう。ただどちらも、『バンクイック』の様に学生限定での融資上限を設けていないので、幾らの融資が受けられるかは不明です。『モビット』と『オリックスカードローン』は融資限度額を1万円から設定しているので、学生への融資額は個々に違いが見られます。

りそな銀行の『りそなクイックカードローン』は①満20歳以上66歳未満、②安定した収入がある方、とされていますが、学生の利用は出来ません。

パートやアルバイトでもバンクイックは使えるの?

バンクイックとは三菱東京UFJ銀行が提供しているカードローンです。大手の都市銀行のカードローンなので安心ですし、金利は4.6~14.6%と沢山あるカードローンの中で一番低く設定されています。最短で即日融資も可能です。また銀行系カードローンなので、「貸金業法」の総量規制からは対象外となり、年収の3分の1以上でも借り入れが可能です。また、通常、銀行からお金を借りる場合、担保や保証人が必要となりますが、バンクイックの場合は不要です。三菱東京UFJ銀行に口座がある人が対象と言う訳ではないので、口座が無くても申し込み出来ますし、新たに口座を開設する必要もありません。

バンクイックの申し込みの資格は、日本在住の個人で有る事、年齢が満20歳~65歳未満で有る事、安定した収入がある事です。正社員だけでなく、派遣社員やアルバイトやパートの方も、安定的な収入があるとみなされ、申し込みの申請が出来ます。

バンクイックの審査は勤務形態よりも、返済能力を重視する傾向が強いと言えます。他社からどの位借り入れをしているのか?何社から借り入れをしているのか?毎月、きちんと返済出来ているのか?等が重要視されます。借り入れをしていなくても、ローンの返済も滞っていないか?も調べられます。返済が遅れがちの人や、借り入れをしている会社が多いと審査は通りにくいと言えるでしょう。

また、借入の希望金額が年収の1割以下に設定すると、バンクイックの審査は通り安いようです。つまり年収300万円の人が借り入れ希望額を50万円で申請するより、30万円以下で申請した方が通りやすいと言う事です。他から借り入れが有る場合は、その借り入れ額も含めて年収の1割以下になるように申請すると良いでしょう。

バンクイックは銀行のカードと言っても、ローンカード。つまり、借り入れが出来るカードであって、あなたの口座にお金が有る訳ではありません。無理せず返せる範囲で利用するよう、心がけましょう。

バンクイックの返済は一括返済か分割返済と考えると良い

バンクイックは返済額が低く設定されているので、指定されている返済額だけで完済しようとすると、時間も利息もかなりの物になります。ですが、バンクイックの利便性はそれ以上なので、返済を『一括返済』と『分割返済』と考えて行うと、バンクイックをより便利に使う事が出来ると言えるでしょう。

例えば、土日に現金が必要となり、自身の口座から引き出すと、ATMの時間外使用料が掛かりますが、バンクイックだとATMの使用料も時間外使用料も掛かりません。つまり1万円を自身の銀行口座から土日に引き出すと105~210円の手数料を取られますが、バンクイックだとそれが0円なのです。また、バンクイックはコンビニのATMを使っても使用料は掛かりません。そして、バンクイックから借り入れした1万円の返済を月曜にすれば、最高利息の14.6%の利息でもたった4円。なので、本当にお得と言えるのです。つまりこれは『一括返済』の良さと言えるでしょう。

バンクイックの返済方法には、『35日毎の返済』と『毎月の指定日返済』があります。『35日毎の返済』はATMでの返済となりますが、『毎月の指定日返済』は銀行口座からの自動引き落としも可能です。日付は自身の都合に合わせて決める事が出来るので、口座の残高さえ気にしていれば、返済を忘れて延滞してしまった!と言う事もおこりにくく安心です。ただ、『35日毎の返済』でも『毎月の指定日返済』でも、バンクイックの返済額は借り入れ残高で決まっています。借り入れ残高が10万円以下なら2.000円、20万円以下なら4.000円…と借り入れ残高が10万円増えると2.000円づつ最低返済額が増えて行きます。例えば1万円を借り入れして、毎月2.000円づつ返済すると、完済迄7カ月と少しかかります。その間の利息を最高利息の14.6%で考えると376円となります。これを5.000円の分割返済と考えると2ヶ月ちょっとで完済出来ますし、利息も184円で済むわけです。

バンクイックは返済中でも、限度枠内なら何度でも借り入れが可能です。ですが、借入は借金です。返済は『一括返済』と『分割返済』と考え、早々に完済した方が良い事には違いはありません。

自営業者はローン会社では審査対象外って本当?

金融業者が個人融資をする時に重要視するのは『安定した収入がある職業』だと言われます。金融業者が求める『安定した収入』とは、毎月決まった日に収入が有る状態を指します。毎月の収入額や収入が入ってくる日が定まらない事の多い、自営業者や自由業者は、公務員や会社員よりどれだけ年収があっても、審査が厳しくなってしまう事は否めません。銀行系カードローンに自営業者の方が申し込んだ時には所得証明書を提示するよう求められる事も有るようです。けれど、審査してみたら「返済が遅れる事が多々ある事がわかった」と言う公務員や大企業のサラリーマンの方人より、「過去に一度も延滞が無かった」と言う自営業者の方の方が、勿論有利です。

自営業者の方でも、安定した収入があると認められたら、ここから先の審査には公務員も大企業のサラリーマンも自営業者も関係ありません。次に調べられるのは他社からの借り入れ状態です。消費者金融系のカードローンには総量規制と言う物があります。総量規制とは年収の3分の1を超える貸し付けが出来ないと言う物で、これは1社からの借入だではなく、消費者金融会社の借入合計をさしますので、これを超える状態だと、職業に関係なく消費者金融系カードローンは組めません。また、銀行系カードローンは総量規制の対象外ですが、銀行それぞれに他社からの借入は○社迄と規定があります。なので、その規定を超えていると、職業に関係なくカードローンは組めません。

自営業者からと言って『審査対象外』と言う訳ではありません。

どうやるの?カードローンを解約する方法

住宅ローンや他にローンを組みたい事が出来た時、カードローンを持っていると審査に不利な事があります。もし、借り入れ残高が後少しなら、早々に完済し、解約しておいた方が良いでしょう。また、完済しているカードローンを持っているだけで、借り入れ限度額の借金があると判断される場合もありますので、この場合も解約しておいた方が有利に働くと言えるのです。

カードローンの解約をするには、当然の事ですが借入残高が0円、つまり完済していなければ出来ません。返済が全て終わり、解約を考えているなら、窓口かコールセンターで解約の申し込みが出来ます。コールセンターは受付時間が決まっています。コールセンターの受付時間は平日の9:00~21:00、土日は9:00~17:00、年末年始は休業と言うパターンが多い様ですが、銀行により多少違いが有るので、確認しておきましょう。窓口で行う場合は解約に必要な書類への記入をすればOKです。コールセンターで解約申請した場合は、郵送で解約に必要な書類が送られてくるので、必要事項を記入して返送すれば解約完了となります。解約手続きが終了した後は、カードにハサミを入れるなどして、カードは破棄しておきましょう。

カードを解約すると、その情報は直ぐに個人情報機関に登録されます。郵送で解約手続きをした場合も、1週間程で解約の情報は登録されます。カードローンの解約の目的が、他のローンを組む事にあるなら、解約後1週間程たってから契約するようにすれば、問題ないでしょう。

また、一度解約したカードローンを再度利用したと言う時は、もう一度、申し込みの手続きが必要です。新規の申し込みと同じ扱いなので、身分証等の書類をそろえて手続きをしましょう。

これは便利♪バンクイックが使えるatmは沢山あります

バンクイックカードは三菱東京UFJ銀行が発行する個人向けローン専用のカードです。利用限度額は最大500万円、金利は4.6%~14.6%と消費者金融カードよりかなり低めに設定されています。日本在住で20歳以上65歳未満の方なら申し込み資格があり、学生なら10万円、主婦も30万円迄の融資が受けられます。正社員だけでなく、パートやアルバイトや派遣社員の方も対象としています。

バンクイックは借り入れも返済もATMで出来ます。三菱東京UFJ銀行のATMは勿論、大手コンビニにあるATMでも利用が出来ます。ちょっと買い物に行ったついでに返済や借り入れが出来るので、本当に便利です。しかも、どのATMを使っても、ATM使用料や時間外手数料が掛かりません。コンビニATMの使えるカードローンは多々ありますが、ATMの使用料が掛かるカードが多い中、これは本当にお得と言えるでしょう。

バンクイックのATMでの利用限度額は、借り入れの場合は1回につき20万円迄となります。ATMでの返済は紙幣枚数が50枚以内となります。バンクイックをATMで利用する場合、毎週月曜日の1:00~5:00と、毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00迄は利用が出来ません。借り入れはこの時間帯を除けば365日OKです。返済は平日19:00以降と土日に入金された場合は、一旦お預かりして「返済予約」となり、翌日扱いとなります。硬貨の取り扱いは銀行ATMのみとなります。※こちらもかなり参考になります。(債務整理はしていないのにブラックになることはありますか?

バンクイックの返済額は借り入れ残高によって変わります。バンクイックの返済額はかなり低めに設定されており、10万円以下なら2.000円、20万円以下なら4.000円・・・と、借り入れ残高が10万円増える毎に2.000円ずつ返済額がUPします。けれど、この返済額だからこそ、コンビニATMが使えるのが本当に便利なのです。今月は苦しいなあ~と言う時は指定された返済額を入れるだけOKですが、余裕が有る時は、コンビニATMからさっと追加返済が出来る。例えば10万円を借り入れしていて、2.000円を返済したけど…今月は余裕が有るから、もう5.000円追加返済しておこう♪と言う行動が面倒なく出来る訳です。返済額が低めに設定されていると言う事は、言い換えると、完済迄時間が掛かると言う事に成るので、この追加入金が気楽に出来るシステムをつかって、早めに完済すれば、利息も少なくて済むわけです。

バンクイックの仮審査って何?

どのカードローンを申し込んでも、必ず審査をされます。今はその審査が仮審査→本審査と、二段階になっています。何故、この様になったのかと言うと、申し込みから融資までをスピーディに行えるようにする為です。少し前迄、銀行系カードローンは消費者金融系カードローンに比べ、申し込みから融資まで時間が掛かると言われていました。けれど、今はバンクイックの場合、申し込みからカード発行迄の時間は最短40分となっています。このスピードを支えているのが仮審査と言えるでしょう。

仮審査は機会が担当し、基本的な要素を調べ、融資が可能かどうかを判断します。基本的な要素とは、申し込み資格が有るかどうか?です。バンクイックの場合、申し込み資格があるのは満20歳以上65歳未満で、日本国内在住の方のみです。そして既婚なのか?独身なのか?を聞かれます。一般的には既婚者の方が有利とされているようですが、あまり重要な項目ではなく、人物像をとらえる要素の方が強いでしょう。次に保険証の種類を聞かれます。保険証から、その人の勤務状況が把握できる為です。社会保険証なら中小企業のサラリーマン、組合保険証なら大手企業に勤めているサラリーマン、共済保険証なら公務員、国民健康保険証なら自営業者やフリーター、という様に、大まかな目安を付けやすいのです。そして、最も重要視されると思われる、他社からの借り入れ状態を聞かれます。銀行からは何件で合計幾らの借り入れが有るのか?その中に住宅ローンは何件あり、住宅ローンの合計は幾らなのか?信販会社でローンを組んでいるのは何件で合計は幾らか?消費者金融系のローンは何件で幾らか?を細かく聞かれます。

この仮審査に通ると本審査へと進みますが、バンクイックの場合は事実上、仮審査が本審査と同等と考えて良いでしょう。本審査では仮審査で提出された情報に虚偽が無いかの最終作業を行い、融資額を決定します。この時、仮審査で記入した、他行からの借り入れ額や、消費者金融会社からの借り入れ件数や借り入れ額の項目に虚偽の申請が見つかると、融資額を減らされたり、最悪の場合、融資は受けられなくなります。

仮審査で一番してはいけないのは、虚偽の申請です。不利になるかな?と不安が有る場合でお、必ず正直に提示しましょう。

銀行系カードローンの融資額はどのように決まるのか

カードローンは無担保・無利子で、個人に融資をするものなので、個人の信用度によって限度額が決まります。

では、何を元に信用度を測るのかと言うと、過去の実績・年収等を元に審査をするのです。

複数の銀行や消費者金融会社からの借入がある人の信用度は低くなります。カードローンの審査では信用情報機関と必ず照会をしますので、何社からどの位の借入をしているのかは、直ぐに解ります。銀行では各行に、個人に融資をする時、何社までなら借り入れを認めると基準があります。基準以内なら問題ないとも言えますが、他行・他社からの借入が有ると融資限度額は低く設定されるでしょう。

他行・他社からの借入が有り、その返済が遅れた事がある場合、返済滞延の情報は信用情報機関に記録として残っています。延滞した事がある人の信用度は勿論低くなるので、限度額が低くなったり、融資不可となる事も有ります。また、過去に返済が3ヶ月以上遅れた事がある人は、カードローンを組む事出来ません。

カードローンの申し込み資格の中に『安定した収入のある方』と記載している銀行が多くあります。これは勤続年数が長い人の方が収入が安定していると判断される為です。勤続年数が3ヶ月未満だと、信用度は低く受け取られるので、銀行からの融資は難しいと判断される場合があります。

居住年数や居住形態も、信用度に大きく影響します。同じ場所に長期間住んでいる方が、社会的に安定していると見られます。居住形態はもっと信用度に関係があり、賃貸より持家の方が高いと言えます。これは持家の方は簡単に夜逃げしたりしないと見られる為です。

また、過去にキャッシングやカードローンを利用した事が無い人は、信用度は中間と言えるでしょう。返済をした事がないので、信用情報機関に何のデータもない為です。信用情報機関は滞納したり、借り入れ金がどれだけあるかだけでなく、キチンと返済している情報ものっているので、1度の延滞もなく完済した人が一番信用度は高いと言えるでしょう。

銀行は、これら様々な事を含めて判断し、融資額を決定します。